• スピルリナのカロテン

    スピルリナはビタミンやタンパク質などの人体に良い影響を与える栄養素が豊富なことで知られます。

    中でも特に含有量がおおくなっているのが、βカロテンです。スピルリナ4グラムの中には、標準で7、400μgものβカロテンが含まれています。
    緑黄色野菜100グラム中に含まれているβカロテンは約2700μgであることとくらべてみると、その凄さがよくわかりますβカロテンはニンジンやかぼちゃ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜にたくさん含まれいる栄養素で、粘膜を正常に保ったり、皮膚の新陳代謝を促進し美肌や乾燥肌の予防などさまな効果が期待できます。

    様々な分野のスーパーフードの知識を持つことが重要です。

    ところが、βカロテンが多く含まれている緑黄色野菜は、味の好き嫌いによりたくさん食べることが難しいという問題がありました。
    特に、ニンジンは子供の頃から苦手という人が多く、緑黄色野菜が苦手な人たちにとっては別の手段でβカロテンをとる必要があったのです。

    エキサイトニュース情報サイトをご利用下さい。

    その点、スピルリナは味の好みがほとんど問題にならないため、緑黄色野菜が苦手に人にピッタリです。



    スピルリナは手軽に飲める錠剤やジュースとして飲める粉末状の商品、健康食品の添加物などさまざまな形態で提供されています。
    錠剤タイプの製品なら、水で一気に飲み込めばいいので、味の好みは全く問題となりません。スピルリナの味が好きな人は、食品添加物として使われているパンやクッキー、ジュースなどが向いています。ニンジンなどが苦手な子供に食べさせるのも良いアイデアです。


  • 医療の実態

    • 最近健康食品として注目を集めている商品のひとつにスピルリナがあります。まだ日本では耳慣れない名前かもしれませんが、アフリカや中南米の湖に生息している藻の一種で、現地では古くから食糧として利用されています。...

  • 最新考察

    • スピルリナには非常に豊富な食物繊維が含まれており、便秘改善に役立つということです。腸内環境を整えることができますし、安全性の高い食材なので便秘になりやすい子供や妊婦でも安心して摂取できることもポイントです。...

  • 知りたい情報

    • スピルリナは、35億年前の太古に中南米やアフリカの湖に誕生した単細胞微細藻類であり、進化の段階でシアノバクテリア様相のバクテリアや赤藻などを体内に取り込み細胞内共生を重ねた結果現在は緑色ですが、遺伝子情報の中には緑色に加えて赤色や黄色など色素の遺伝子情報が内包されいます。その為、スピルリナはフラミンゴの翼を紅く染め上げるとされています。...

  • 皆が知りたい情報

    • スピルリナには免疫細胞が活性化するのに必要なタンパク質が豊富に含まれており、ビタミンやミネラル、食物繊維なども含まれているため、免疫力をアップさせる効果が期待できます。人間の体はもともと弱アルカリ性なのですが、食生活の乱れなどが原因で酸性に傾いてしまうということです。...