• スピルリナの多種多様な効果

    スピルリナは、35億年前の太古に中南米やアフリカの湖に誕生した単細胞微細藻類であり、進化の段階でシアノバクテリア様相のバクテリアや赤藻などを体内に取り込み細胞内共生を重ねた結果現在は緑色ですが、遺伝子情報の中には緑色に加えて赤色や黄色など色素の遺伝子情報が内包されいます。その為、スピルリナはフラミンゴの翼を紅く染め上げるとされています。



    人間にとっては、スピルリナの細胞質構造を持た無い脆い細胞壁が非常に高いバイオアベイラビリティに加えて、必須アミノ酸9種類や非必須アミノ酸11種類、ビタミンB群、ミネラル類、脂質、糖質、天然色素、植物繊維など動物性と植物性の両方の栄養素を1度に摂取出来るメリットがあります。

    あなたの探していたガジェット通信を利用してみる価値はありますよ。

    スピルリナに含まれる窒素貯蔵物質であるフィコシアニンは、人間の老化現象の一因とされるフリーラジカルの中でも特に強力なDDPHラジカルに対して強い抗酸化作用で無毒化し、高いアンチエイジング効果を得る事が出来ます。
    フィコシアニンは、抗酸化作用の他にフィコシニアンは、デトックス作用や抗炎症作用、細胞及び肝臓の保護作用、免疫機能の増強作用、悪玉コレステロールと中性脂肪を低下させる作用など多種多様な効果も期待出来ます。


    スピルリナに含まれるフェニルアラニンは、チロシンの生成量を増加させる事で甲状腺ホルモンの分泌を促進し、細胞の新陳代謝を活性化させ基礎代謝向上させ、健康的なダイエット効果を得る事が出来ます。

    チロシンは、メラニンの生成量を増加させる効果があり、紫外線などの有害な光線から皮膚や髪を保護する効果が得られるスーパーフードです。

    スーパーフードの有益な情報をお届けします。